口臭チェック6選♪♪

あなたを悩みの深淵へと追いやっている口臭。





口臭がキツくないって安心していると、周りにいる人達のチョットした仕草が気になってしまうことってあります。

少なくとも、マサキには・・・。


そんな時、“ドキッ”ってしてしまいます。

自分の感覚と周りの認識に生じているギャップが妙に気になってしまうんです。

そんな時にサクッっと口臭のチェックする6つの方法を紹介してみます♪♪





口臭の原因や種類については、↓の記事で紹介していますので、気になる方はチェックしてみて下さい。


口臭の3つの原因はこれだ!!


口臭には種類が!? 5つの口臭の種類とは?



口臭チェック6選♪♪



マサキが知っている口臭チェックの方法6種類存在しています。

【口臭チェック①】
コップのニオイを嗅ぐ


コップの中に息を吐き、コップの中に滞留している吐いた息のニオイを嗅いで口臭のチェックをする方法





具体的には、コップの中に息を吐き出して、一度、コップにフタをして、コップの中に息を滞留させ、一旦、深呼吸をした後で、コップの中に閉じ込められている息のニオイを嗅いでみるという行為をすることになります。

コップの中に閉じ込められた息をチェックする際、少しでもニオイを感じてしまったのであれば、口臭が発生してしまっている可能性大です。


コップ以外で代用することもできます。


例えば、ビニール袋での代用。

ビニール袋は無臭なモノを選ばないといけません。


【口臭チェック②】
舌を見る


鏡で自分の舌を見る方法





舌には“舌苔”と呼ばれている舌に白い苔のようなモノが付着している場合があります。

舌に“舌苔”が付着していると口臭が発生している可能性が高くなるので、注意が必要になってきます。


舌苔ができる原因と治らない理由が解説されているYouTube動画です。


その舌苔の舌への付着の有無を鏡で確認して、口臭が発生をしていないかチェックするという方法になります。


【口臭チェック③】
舌のニオイを嗅ぐ


舌に舌苔が付着している場合に舌苔を拭いてニオイを嗅ぐ方法





舌に付着している舌苔をコットンパフなどに拭き取ってニオイをチェックすることで口臭が無いかチェックする方法になります。

この時、ニオイが強いと感じた場合は、口臭がしている可能性があるので、注意が必要です。


【口臭チェック④】
デンタルフロスのニオイを嗅ぐ


歯間に通したデンタルフロスのニオイを嗅ぐ方法





歯間をキレイにするデンタルフロス。

歯間に通して歯間をキレイにしたデンタルフロスのニオイを嗅ぐことで口臭が発生していないかの確認をします。

当然のことですが、フロスがクサイと感じたら、口臭が発生している可能性がありと判断されます。

歯間をキレイにしたついでにサッっとフロスのニオイを嗅いで口臭の確認をして下さい。


【口臭チェック⑤】
唾液のニオイを嗅ぐ


唾液のニオイで口臭をチェックする方法





唾液のニオイを嗅ぐことで口臭の有無を確認することができます。

唾液のニオイを嗅いで、クサイと感じた場合は、口臭がしている可能性があります。

唾液がクサイ時は要注意です!!


【口臭チェック⑥】
口臭チェッカーを使用する


口臭チェッカーを使用する方法





口臭の元凶になっているニオイ物質を検知して結果を表示してくれる口臭チェッカーを使って口臭が実際に発生していないかを確認します。

結果は数段階で表示してくれます。

口臭チェッカーは精度も上がっていますし、価格も手頃感があって、人気もあります。

何よりも、自分の判断ではなく、機械が判定してくれるので、判断にブレが生じてしまわないのが、優柔不断なマサキにはありがたいです。



まとめ



口臭のチェックには6種類の方法があります。

その6種類の口臭チェックの方法は“コップのニオイを嗅いでチェックする”“舌を見る”“舌苔のニオイを嗅ぐ”“デンタルフロスのニオイを嗅ぐ”“唾液のニオイを嗅いでチェックをする”“口臭チェッカーを使用する”というモノ。





マサキ的には“口臭チェッカー”を使うのが、ある種の判断基準が明確にありますので、判断にブレが生じないのがイイと思います。

口臭が発生しているかどうかの有無は他の方法でも十分に対応できますから、口臭チェッカーのみが信用できるというワケではありません。

口臭の発生の有無が気になった際には試してみて下さい。


それでは、また。
LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントを残す